貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

映画「けいおん!」
監督:山田尚子
出演:豊崎愛生/日笠陽子/佐藤聡美
2011年/日/110分/菊地浩司/」☆☆☆

批評 ファンサービス (むしりとり!?) 映画

 TV 放送最終話と直結している映画。
 DVD 収録の特別編ともつながっているらしいが、そちらは未見なので判断不能。

 良くも悪くも「TV 特別編」だと思う。
 TV シリーズの映画化ということで、もちろん映画を見ているのは前提条件のつくり。
 見ていなければ、内容を理解するのはかなり難しいと思う。
 その前提で見ても、画の作り方が TV スペシャルの域を出ないのはとてももったいない。

 たとえば野外ステージでの演奏シーン。
 “屋内ステージではなく”という対象の台詞まで入れているのに、(野外ならではの表現は入っているものの) 空間的な広がりという意味では表現が弱いように思う。
 もっと引き画で全体を写す表現をすれば良いのに。
 これは、最後の、教室でのライブシーンもそう。
 一人一人を切り出すのはうまいけど、教室全体を一発で抜き出す表現がちょっと弱いと思う。
 TV の小さい画面ではこの方が面白いと思うけど、スクリーンの巨大な空間を活かした演出を、もっと見たかった。

 これでは、少なくとも「新たなファンの獲得」は難しかろうという完成度といえよう。
 実質的な完結編 (コミックスは大学編に突入したらしいので、まだ続く可能性も多分にあるが) なので、新規ファンは必要ないという割り切りなのかもしれんがな。

 と、ネガティブな表現をしているものの、シリーズファン向けとしては十分な完成度だと思う。
 シリーズファンなら、必見。
 そうじゃないならやめておけ。

戻る