貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

アンダルシア 女神の報復
監督:西谷弘
出演:織田裕二/黒木メイサ/戸田恵梨香
2011年/日/125分/☆☆☆

批評 前作よりは遙かにましか

 発生した邦人殺人事件。
 サミットびために欧州にいた黒田に、再び密命が下る。

 突然出てくる伏線や、間抜けすぎる犯人に行動と言った、「卑怯だろ、これは」という展開は、前作ほどではない。
 その代わり、前作にあった「ざ・観光地巡り」(としか表現のできない、意味不明の展開) も無くなり、いろいろな意味で地味な展開になった。

 犯人の動機は地味で、スケールが小さい。
 こんな事のために、なぜにこんなに規模の大きな、複雑な話が必要なのか・・・

 もっとシンプルで、分かりやすく、それっぽいテーマを漂わせたアクション映画に仕立て上げればよかったのにねぇ。
 ・・・は?
 この最後、まさか“まだ”続編やる気なんですか?

戻る