貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

アジャストメント
監督:ジョージ・ノルフィ
出演:マット・デイモン/エミリー・ブラント/アンソニー・マッキー
2011年/日/106分/☆☆

批評 甘い・・・色々と・・・

 “誰か”あるいは“何か”が、この世界を構築し、今も動かしている。
 世界箱庭思想とでも言うべき、この考えは、聖書に基づいているのが、西洋ではよく出てくる発想のようだ。
 多くの SF 小説や映画のネタになっている。
 「マトリックス」もこのネタだ。

 サイバーパンクSFの巨匠、PKディック原作のこの映画もまた、その思想の映画だ。
 欠点は、アレックス・ プロヤス「ダークシティ」と同じく、映画冒頭で、いきなりネタバレがあるという点だろう。

 おかげで、帽子をかぶったスーツ姿の“怪しい男たち”から、“怪しさ”が抜け落ちてしまっている。
 作品を通して、この手の“甘さ”が存在しており、組み立てがいまいち。
 たとえば、最後の“ドア”を使った追跡劇。「ノブを回す方向を間違えるな」や「やつらの前を通ることになる」という台詞を活かして、“ドア”とドアの違いを活かし、追跡人を煙に巻くという組み立てにすれば面白かっただろうに、ヒロインと手をつないで“ドア”をくぐるという以上のしかけが発動せず、正直、盛り上がりに欠ける。

 盛り上がりそうな要素はあるのに、それが活かせていない仕上がりであった。

 ところで原作未読なのだが、“状況”を操作することによって生じる“波紋”のバタフライ効果に関する考察が甘いと考えるのは、SF ファンだけなのだろうか。
 それとも、私の性格が悪いだけ!?

戻る