貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

TSUNAMI-ツナミ-
監督:ユン・ジェギュン
出演:ソル・ギョング/ハ・ジウォン/パク・チュンフン
2009年/韓/107分/大森一樹・川北紘一/☆

批評 緩い、甘い、だるい・・・

 日本海 (いや、韓国的には東海なんだっけ?) でどうやったら津波が起きるのかさっぱり分からないが、なに、ニュートリノが水に当たって沸騰する映画だってあるんだ、たいした問題ではない。

 問題は、津波映画として見た場合、この映画が、何をやりたい映画なのかさっぱり分からないという点にある。
 巨大津波に襲われるというシミュレーションなのか、大災害に直面した人々のドラマなのか、巨大津波が発生する状況そのものなのか。

 どれにせよ、とても中途半端だ。

 前に書いた、ニュートリノが水に当たって沸騰するかっ飛んだ映画のように、突き抜けすぎた笑いも少なく、さらに画の矛盾が多すぎる。

 デザスタームービーを作りたかったのは分かるが、もうちょっと、こう、どうにかならんものか。

戻る