貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

トロン:レガシー
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ギャレット・ヘドランド/ジェフ・ブリッジス/オリヴィア・ワイルド
2010年/米/125分/(字幕)戸田奈津子/(監修)大口孝之/☆☆

批評 ま、予想通りか

 CG の映画投入実験作品「トロン」の続編。もはや CG を使っていない映画をみる機会が減っている昨今 (どっかの誰かが提案し、提案者が守れていない「ドグマ」を思い出すが) において、CG はもう常識。
 次の技術はコレだぁっ!!

 と、言ったのかどうかは知らんが、3D 映像の見事な実験作品。
 それ以上でもなければ、それ以下でもない。

 説明の無い唐突な展開。
 馬鹿としか言いようが無い敵や味方。
 これってば前後矛盾してね?としかいいようがない伏線。

 分かっていたとはいえ、実に退屈な映画であった。

戻る