貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

SP 野望篇
監督:波多野貴文
出演:岡田准一/真木よう子/香川照之
2010年/日/98分/☆☆☆

批評 馬鹿すぎる

 TV シリーズ「SP」の劇場版。
 中途半端な終わり方をした TV シリーズの続きなので、当然、TV シリーズを見ていることが前提となる出だしだ。

 問題はいくつもある。

 かなり気合いの入った役者陣はともかく、脚本の甘さは決定的だ。
 まず、全編を通して敵が馬鹿。

 計画に対して致命的な問題になる人物ならともかく「なんか気にくわない」「目障り」という程度の SP 一人を、こうも必至になって暗殺しようとするのか。
 まったく理解できない。

 また、その暗殺方法も甘い。

 これだけ大規模な暗殺劇を仕掛けるのに、RPG のように、段階的に、徐々に過激な手段を選ぶのか。


 最初から爆弾で吹っ飛ばせよっ!!


 襲撃側の馬鹿さ加減をそんなに強調したいのだろうか。
 ついでにいうと、主人公の能力も大暴走。
 感が優れているなどと言うレベルではない。
 もう、次に起きる大惨事が「見える」ようになっている。

 予知能力!?サイラーに頭切り開かれるぞ!?

戻る