貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ソラニン
監督:三木孝浩
出演:宮崎あおい/高良健吾/桐谷健太
2010年/日/126分/☆☆

批評 中途半端

 原作を上手く改変できなかった映画だと思う。
 中途半端に原作に引っ張られた結果、中途半端な伏線が多数出てきてしまっている。
 そうすると、原作を読んでいなければ分からない仕上がりになる。

 続編であるならばともかく、単体で完成された映画で、原作を読んでいなければ分からないというのは問題だろう。
 たとえば、冴木はなぜ最後のライブハウスにいて、なぜロッチの演奏を気にしている?

 これで原作に忠実ならば、また事情は違っただろう。
 しかし、原作を呼んでいると、原作とは違う処理をした伏線に違和感がある。

 人形の口に手紙を入れようとしていた老人は?
 レコード会社のトイレでの会話の処理は?(これが無いから、冴木のライブハウスの説明が付かないのだが)

 映画オリジナルのエピソードは一つだけだが、その存在意味が無いのも、ある意味脅威だ。

 致命的な崩壊個所こそないが、中途半端と言わざるを得ない出来の映画であった。

戻る