貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

シェルター
監督:モンス・モーリンド
出演:ジュリアン・ムーア/ジョナサン・リス・マイヤーズ/ジェフリー・デマン
2009年/米/112分/松浦美奈/☆☆☆

批評 物足りない、何かが・・・

 多重人格患者の治療にあたっていた医者が眼にしたのは、病人ではなく悪魔憑きだった・・・

 簡単に言うと、X-Files。
 モルダーは出てこないが、スカリーが主人公で、モルダーが居ない変わりに、彼女はけっこうあっけなく超常現象を信じるようになる。

 途中、ミステリー映画化と思わせておいて、超常現象物に切り替わって行く様は見事。
 CG や VFX に頼らないホラーシーンなど、見せ所は多いが、つながり的に「??」という部分があり、魅せられるほどではない。

 緊張感はそれなりにあるし、組み立てもヘタではないが、「トワイライトゾーン」(日本なら「世にも奇妙な物語」の方が通りが良いか?) や「X-Files」等、“どこかで見たことのある”部分が多く、独自性は感じにくいのが欠点であった。

戻る