貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

シャッター・アイランド
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー
2009年/米/138分/戸田奈津子/☆☆☆

批評 駄目だこりゃ

 精神障害者を収監した監獄島でおきた患者の失踪事件。
 警戒厳重な病室、という名前の監獄から、いったいどうやって抜け出したのか・・・

 一番悪いのは宣伝。主に予告編。
 この予告編が、無駄にネタバレ。
 しかも「仕掛けがたくさんあります」と、わざわざ宣言するものだから、怪しい部分を、いやがおうにも注視するはめになる。
 しかもスコセッシは、真面目なのか不器用なのか分からんが、律儀に「怪しい」部分を「怪しく」撮るもんだから、たいへん謎解きが分かりやすい。
 引っかけが「引っかけ」だと分かるのは、ミステリー映画としてはほぼ致命的な問題であると言えるだろう。

 怪しい人間が怪しく設置されていれば、誰だって怪しいのは分かるし、遠回しな表現が多ければ、なにかを隠しているのも分かる。
 全員がそうなっていれば、導き出される結論は一つしかないのだ。

 観客を本当に騙すつもりなら、この作りじゃ駄目だろう。
 映画そのものも宣伝も。
 スコセッシは、それなりに器用な映画監督だとは思うのだが、少なくともミステリー映画で観客を翻弄する演出技術は持ち合わせていない。
 そのことだけがよく分かった。

戻る