貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
監督:錦織良成
出演:中井貴一/高島礼子/本仮屋ユイカ
2010年/日/130分/☆☆☆

批評 一直線なだけではなく、なにかこう、工夫が欲しい

 エリート街道を驀進していた男が、親の病気で「自分の好きなことを」やり始める物語。

 48歳で電車の運転手になった男の実話を映画化。
 狙った平坦さで作られた中年男の成長物語としてはまずまずだと思うのだが、いかんせん平坦に作りすぎたと思う。
 “主人公の物語”という意味ではそれでよいと思うのだが、背景に家族の物語がある以上、その部分を台詞だけでぶつ切りで説明するのは、バランスが悪い。

 最後に、主人公の奥さんが口にする「このままで良いのよね?」という台詞は、それまでの積み重ねが無ければ活きない台詞だろう。
 出雲の夫と、東京の妻。それを、行き来することで繋ぐ娘、という構図を作り出せなかったことが、この作品の弱さだろう。
 娘はずっと出雲にいるように見えるし。(大学がある、という台詞があるにもかかわらず、だ)
 それと、これは予算なのだろうが、季節感が無さ過ぎる。
 会社辞めて、鉄道会社に入って、研修受けて運転手になって、というのが、夏の間に全部起きているようにみえる。
 このあたりにも、もうちょっと、工夫がほしかった。

 決して悪い出来だとは思わないし、狙っていることは全部出来たのだろうが、それを支える細部に、気を配らなすぎた作品だと思った。

戻る