貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

パラノーマル・アクティビティ
監督:オーレン・ペリ
出演:ケイティー・フェザーストン/ミカ・スロート/マーク・フレドリックス
2007年/米/86分/川又勝利/☆☆☆

批評 騒ぐほど怖くはない

 モキュメンタリ (フェイクドキュメンタリ) の定番と化してきた、P.O.V. (Point Of View = 主観映像) 映画の一つ。
 変わっているのは、夜、寝ている間に何が起きているのか?を探るためのカメラであることを活かし、映像が、時に主観に、特に三脚に象着されることで客観映像になったりする。

 主観映像で言え全体を見せておきながら、夜、客観映像になると「みなれた空間」を演出された家の、“今、カメラに写っていない部分”が不気味に見える工夫をこれでもかとこらしてある。

 実質ドア一枚で。

 これは見事だ。
 よくぞこれだけの仕掛けで、これだけの映像を組み立てたと思う。
 低予算を感じさせずに最初から最後まで (中盤、やや失速する部分が無いとはいわんが) 一気に持って行く手腕は見事というほかない。

 しかし、現在の P.O.V. モキュメンタリ映画の流れを作り出した、ダニエル・マイリック/エドゥアルド・サンチェス「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」がそうであったように、この映画もまた、ただ“お化け屋敷”の怖がらせをするだけだ。
 そこには原因も結果も無い。

 ただ、怖がらせるためだけに怖がらせる。

 なんらかのオチが欲しいと思うのは、考え方が古いからなのか、それとも私がこの手の映画に“合って”いないからなのか。

戻る