貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

のだめカンタービレ 最終楽章 後編
監督:川村泰祐
出演:上野樹里/玉木宏/瑛太
2010年/日/123分/☆☆

批評 中途半端

 壁にぶち当たり行き場を失うノダメと、次の飛躍に向かうチアキの故意の行く末は!?

 大きな欠点は二つ。
 二人の恋愛物語となって、それ以外の部分が外側に追いやられた結果、トリッキーな演出の普通の恋愛映画になっていること。
 傾いたオーケストラの建て直しと構造がリンクしていた前編にくらべると、構造がシンプルになった分だけ、なおさらそれが目立つ。

 もう一つは、中途半端に原作を引きずってしまったこと。
 もっとも大きなのは、シュトレーゼマンがノダメをプロの世界に押し出す理由を変えているのに、“悪魔の囁き”で誘い出す部分を変えなかったこと。(映画版の製作者は、オリジナルのオペラを知らないのか?)
 また、この理由を変えてしまったことで、オクレールが「余計なことを」という台詞が浮いてしまっている。
 方法は違えど狙っていることは二人とも同じなのだから。

 編集やカメラ、演出が TV 版と大して変わらないのはあきらめるとしても、中途半端な出来であった。

戻る