貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ナイト & デイ
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:トム・クルーズ/キャメロン・ディアス/ピーター・サースガード
2010年/米/109分/松浦美奈/☆☆☆

批評 大爆笑映画

 飛行場で偶然知り合った男と女。
 カッコイイその男、実は政府機関に裏切り者として追われる凄腕エージェントだったっ!!
 夢見がちな女の子の運命やいかに!?

 物語はまさに「馬鹿」だが、それを迫力のアクションシーンと、その二つを支えるために、必要最小限に絞った (繰り返すが、最低限の事はやっている) 脚本で最期まで一気に持って行く。
 これぞ馬鹿アクション映画っ!!
 脳みそ空っぽで、ゲラゲラ笑いながら、きっちり見せてくれる。

 だが、ちょっと残念なのは、ヒロイン。
 “夢見る女の子”をやるには、キャメロン・ディアスでは、ちと歳が行ってしまっていると思う。
 もうちょっと若い役者がいなかったものだろうか。

戻る