貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

君に届け
監督:熊澤尚人
出演:多部未華子/三浦春馬/蓮佛美沙子
2010年/日/128分/評価不能

批評 憂い憂いしすぎる高校生の恋愛ドラマ

 この映画最大の欠点は、おそらく、私のような人間が見ることを、1mgも考慮していないことだろう。
 いやだって「自分のことを信じないって事は、あんたのことを信じてる私たちのことを信じないって事だよ!?」(微妙に違うかも) という台詞に対し「信じるのは、信じる者の勝手。それに答えるかどうかは、一方的に信じられた者の勝手。自分の勝手を人に追いつけちゃいけねぇよ」とか思ってしまうだぜ、私は。

 正直、映画の内容がまぶしいです。

 組み立ては決して悪くない。
 出会いのシーンに対しては、受験したときに、お前さんは高校に行かなっかったのか?という疑問があるものの、手順を踏んで「心優しいが地味で周りには大きく誤解されている女の子」と「爽やかで誰からも好かれている男の子」が付きあい始めるまでを丁寧に描いている。
 手垢にまみれ過ぎた幾多の展開 (親友作りとか、親友相手に勘違い発動とか、かっ飛んだライバル登場とか) でしか進まないとはいえ、その上で出来ることはやっている。

 しかし。
 それでも。
 映画には「対象とする客層」というものがある。

 確かに有る。

 生まれて初めて、映画館の座席で「肩身が狭い思い」を味わった人間として、その事を痛感した。

戻る