貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

パリより愛をこめて
監督:ピエール・モレル
出演:ジョン・トラヴォルタ/ジョナサン・リス・マイヤーズ/カシア・スムートニアック
2010年/仏/95分/菊池浩司/☆☆

批評 なぜ故、ビデオストレートではない!?

 パリの町を守るため、パリの町で格闘戦!!銃撃戦!!爆発!!

 セガールやヴァン=ダムが主演なら、まったく同じ脚本、またく同じ演出等々で、完成度が全く同じ映画でも、きっとビデオストレートだろう。
 ベッソン制作で、主役がジョン・トラヴォルタだと劇場映画で全国公開。

 同監督の前作、「96時間」でもそうだったが、まぁなんだ。
 せめて、もうちょっとひねりのある作りをして欲しいな。

戻る