貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ワルキューレ
監督:ブライアン・シンガー
出演:トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ
2008年/米・独/120分/戸田奈津子/☆☆☆

批評 結果じゃねぇよ経過だよ

 緊急事態対応作戦だった「オペレーション・ワルキューレ」を反乱計画に組み込み、ヒトラー暗殺後の政治的空白をついてベルリンを制圧。ナチス独裁体制を崩壊させる。
 ヒトラー暗殺に始まるこの反乱計画を、史実のままに映画化。


 歴史的事実を元にした映画の欠点は、その結末が観客に分かってしまっているという事だ。
 あまり知られていない事件ならともかく、有名な事件であればなおのことだ。
 多くの人が、「オペレーション・ワルキューレ」を知らずとも、アドルフ・ヒトラーが終戦間際に自殺したことは知っているだろう。

 この映画は、その意味で、ロン・ハワード「アポロ13」と同じ間違いを犯した映画だと思う。

 結果が分かっているのに、“ヒトラー暗殺の正否不明”という部分で物語を引っ張って行ってしまっているからだ。
 結末の悲劇が分かっている以上、成功の可能性があった作戦が、いくつかの不足の事態と人間の判断ミス、そして優柔不断さによって潰れて行く行程こそ、物語の原動力にするべき場所だろう。

 わかりきった結末であっても、過程を丁寧に描けば十分におもしろくなる。
 多くのことがこの映画を立証している。
 この映画は、その教えを活かせなかった。

戻る