貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ラスト・ブラッド
監督:クリス・ナオン
出演:チョン・ジヒョン/アリソン・ミラー/小雪
2008年/香港/フランス/91分/松浦美奈/☆

批評 どうせいっちゅーねん

 両親をヴァンパイヤに殺された少女が、復讐のためにヴァンパイヤを殺して殺して殺しまくる話。

 前半は北久保弘之「BLOOD THE LAST VAMPIRE」と同じ展開で、途中からオリジナルの展開になる。
 問題は、オリジナルの部分もそうでない部分もつまらないという点にある。

 どこが?というのではなく、ひたすらにつまらない。
 元々設定や物語に斬新性はなく、セーラー服を来た少女のような化け物が、化け物を日本刀でぶった切る、という状況設定と、その見せ方に特徴のある作品だった。
 重要なのは、アクションシーンなのだ。

 しかし、控え見に行ってもアクションの動きが出来るとは思えないチョン・ジヒョンは、ワイヤーワークで強制的に体の動きを拡張し、駒落としで早く動いているように見せているだけだ。
 これにどう興奮せいというのだろう。

 さらに、最強のヴァンパイヤ“オニゲン”として登場する小雪も、アクションの出来る役者ではない。
 結果、最終決戦が異常なまでに盛り上がらない。

 せめて撮り方を工夫すれば、もうしょっと見られるシーンになったかもしれないが、何の工夫もなく、体の動かない役者 vs 体の動かない役者で、いったいなにをどうしたかったのだろう?

 いやはや、久しぶりに酷い映画を見た。

戻る