貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

2012
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート
2009年/米/158分/松崎広幸/☆☆☆

批評 さすがに同じ手使いすぎ

 今度は世界が終わるっ!

 デザスタームービーの旗手、と言われて久しいローランド・エメリッヒの新作。
 強烈、というより凶悪というほうがより近い無理やりな脚本と、非科学的というより確信犯的強引な脚本で最後までいっきに持ってゆく。

 映像先行企画なんだろうなぁと思うが、デザスタームービーにさり気無く、しかし平然とブラックな政治ネタを持ち込むエメリッヒ節も健在で、「あぁ、やっぱり」と安心してみていることができる。

 とは言え、「インディペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」でやってきたことと、政治ネタは時事的なので切り替わり、映像が派手になった他は、本質的に変わっていない。
 二本目までだぜ、これを楽しめるのは。

 さすがに同じ事を繰り返し繰り返しやられてもねぇ。
 なにか新機軸がほしいものだ。

戻る