貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

レッドクリフ Part I
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー
2008年/米・中・日・台・韓/145分//☆☆☆

批評 なお、“孔明ビーム”は無い

 「三国志演義」に描かれた「赤壁の戦い」を元に、ジョン・ウーが好き勝手に解釈。(褒め言葉)
 結果、koei「三国無双」完全実写版が完成したっ!!

 いかなる大軍が集結し、いかなる戦術を組み立て (戦略は描かれない) ようとも、最強は猛将。

 相撲取りになっている (敵と戦うとき、張り手をかましながらドスコイといっているように聞こえるのが理由か!?) ように見える張飛とか、青龍偃月刀っぽいものは持っているが、赤兎馬と思しき馬に乗っていないが (当然) 異様に強い関羽、そして阿斗救出シーン (演義の有名シーン。映画冒頭) の異常なまでにカッコいい趙雲!!

 こいつら、まさに一騎当千っ!!
 「三国無双」という他ない戦闘シーンっ!!

 ユーモラスな孔明や、曹操が好色変態野郎っぷり、妹にさえ尻に敷かれている弱気な孫権、そして何の役にも立っていないのにやたらと人に慕われている劉備などは好き嫌いが分かれそうだが、個人的には面白いと思った。(特に孔明)

 この暴走っぷり、見る人をかなり選ぶと思うが、個人的には「馬鹿馬鹿しく」結構好きだ。
 映画としての出来はともかくといわざるを得ないのも確かなのだがな。

 なお、赤壁に孫権・劉備連合軍と曹操軍が陣を構え、これから赤壁の戦いが始まる!!というところで映画は終了する。
 待て、三国無双2!!!

戻る