貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

L change the WorLd
監督:中田秀夫
出演:松山ケンイチ/工藤夕貴/福田麻由子
2008年/日/128分/☆☆

批評 原作に、変な色目を使いすぎてもいるな

 「デスノート」の名探偵 L を主役にしたスピンオフ。

 ウォルフガング・ピーターゼン「アウトブレイク」という映画があった。
 さして出来の良い映画ではないが、そんなにつまらない映画でもない。低予算の映画としては、まぁそこそこの満足感を得られる出来だったと思う。

 この映画は、その「アウトブレイク」の二番煎じ。
 十年以上前の作品だが、そうとしかいいようが無い。

 違うのは、ウィルス兵器を開発したのが「人類間引き」を企む環境保護団体で、ワクチンを開発しようとするのが L (と、その仲間) だという事くらい。
 だが、人類滅亡をもくろむ環境テロリスト団体 (どこかの団体を思い出すなぁ) は総勢6人 (しかも、一人は早々に退場する) しかいない所帯の小ささ。
 防御側も、なぜか 4人 (うち二人は子供。どちらも巻き込まれ) しかいない。

 「デスノート」では警察やら FBI やら政府やらが介入していたはずだが、そんなものはどこかに吹き飛んでいる。(むしろ敵側にいいように利用されている)

 もともと、グタグタだった原作の後半 (映画見了後に原作を読んで、思わず「後半グタグタは原作通りかっ!!」と納得してしまった) を引き継いだということなので、このグタグタ感もまたやむを得ないというものなのだろうか?

 力を入れるべき場所と抜くべき場所を選択し、作品規模に見合った敵味方の人物描写と、無駄な人物や無駄なシーンの削除を行う事で、映画の出来は大分ことなると思うぞ。

 なお、事件が動き始める早々、人間を焼き殺すシーンが出てくる。
 なんというか、監督が一番力を入れたシーンではないのかと思いたくなる出来だったね。
 だってあそこだけホラーなんだもの・・・

戻る