貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

歓喜の歌
監督:松岡錠司
出演:小林薫/安田成美/伊藤淳史
2007年/日/112分/☆☆☆

批評 細部描写の甘さと、無駄な描写の多さ

 日本人が異常に好きな第九合唱の通称を冠する映画だ。(決して、第九全楽章ではなく、四楽章の全てでもなく、四楽章の一部だけをさす)
 貧乏楽団希望の曲っ!!!これで無事に新年を迎えるぜっ!!


 ・・・てな所帯じみた、泥臭く、そして笑える話を映画にしたわけではない。


 市民ホールのミスで、二つのママさんコーラスグループがダブルブッキング。
 事なかれ主義者でやる気の無い担当者がその間で右往左往させられつつ、人間的に変わってゆく様を描いている。

 立川志の輔の新作落語が元になっているということだが、残念ながら元は聞いたことが無い。
 だが、少なくとも映画としてみた場合、登場人物は多すぎると思う。

 金持ち奥様の慈善事業もこなすママさんコーラスグループと、そこらにいるおばちゃん達のコーラスグループ、二つのグループの登場人物を数人抜き出しているのだが、その抜き出した中でも描写にムラが出てしまっている。
 結果、人間の厚みが、いまいちバラバラ。
 背景描写をもっと絞って、二つのコーラスグループのリーダーに描写を絞ってしまうくらいのそぎ落としが必要だったのではなかろうか?

 それと、時々尋常でなく描写が甘くなることがあるのも気になるところだ。
 指揮者が、向かって右手 (上手) から入ってくるのは、ものすごく、違和感がある。

 決して出来が悪いわけではないが、物語を絞って、細部描写をもうちょっとこだわって見せれば、もっと面白くなっただろうにと思うと、非常にもったいないと思わされる映画であった。

 そういえば、「フラガール」もラストのダンスシーンの組み立てがイマイチだったな。
 シネカノン作品の共通欠点か?

戻る