貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ローグ アサシン
監督:フィリップ・G・アトウェル
出演:ジェット・リー/ジェイソン・ステイサム/ジョン・ローン
2007年/米/103分/林完治/☆☆☆

批評 笑えちゃう復讐映画ってのも珍しい

 ジェット・リーとジェイソン・ステイサム共演で、出演にはケイン・コスギの名前もある。
 ポスターの下の方で、スーツ姿のデボン青木が両腕広げている (二丁拳銃!?) のは何?あぁ、石橋凌がカッコエェっ!!
 きっと馬鹿アクション映画にちがいないっ!!

 と劇場に行くと、実はアクションよりもミステリー要素の方が強い映画でびっくり。
 デボン青木は表紙抜けだし。
 ジェット・リーvsジェイソン・ステイサムはちょっとだけしかなく、むしろジェット・リーvs石橋凌による日本刀チャンバラの方が見せ場になっている。

 だが、本作品の本質は、アクションとしてもミステリーとしても中途半端な脚本や、登場人物が多い割に描写が貧弱で詰まらないという部分にはない。

 さすがハリウッドっ!!!

 と称賛できる、ぶっとんだ日本描写だ。
 何を言っているんだか分からない、登場人物の日本語や、謎の掛軸、聞いたことのない風習等、わんだふるわーるど「じゃぱん」の衝撃に耐えることは難しい。

 出来の悪い復讐劇が、これによってお笑い復讐劇に変貌をとげ、あまりの面白さに☆ひとつ追加。
 別の意味で必見っ!!

戻る