貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ミス・ポター
監督:クリス・ヌーナン
出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン
2007年/英・米/93分//☆☆☆

批評 足りないのは、そう、一振りの塩

 「ピーター・ラビット」の作者として知られるビクトリア・ポターの半生を描いた物語。
 才能のある、意思の強い女性が、才能と意思の強さで生きて行く物語にしかなっていないのが残念。
 挫折らしい挫折が描かれることはなく、最愛の人をなくし、悲しみの淵においこまれても、半ば勢いで回復してしまう。

 彼女が、その絵の才能を磨く過程。
 その強さを手に入れるまでの成長。
 そうした、人間的背景がほとんど描けていない。

 また、20世紀初頭の英国という、女性が一人で生きて行くのがまだまだ難しかった"時代"を描写することも、成功しているとは言いがたい。

 けっして悪い出来だとは思わない。
 けっしてつまらない映画だとも思わない。
 画はきれいだし、編集やカメラもしっかりしている。
 役者はいわずもがなの安定感。
 脚本も、けっして目を覆うほど酷いものではない。
 たが、その細さは遺憾ともしがたかった。

戻る