貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

X-MEN ファイナル・ディシジョン
監督:ブレット・ラトナー
出演:ヒュー・ジャックマン/ハル・ベリー/パトリック・スチュワート
2006年/米/105分/林完治/☆☆☆☆

批評 女性を怒らせてはいけない・・・決してっ!!!

 ミュータントの能力を失わせ、普通の人間と同じようにする薬「キュア」が開発される。
 「それを強制されてはたまらん」というマグニートらは、相変わらず人類とプロフェッサーらに喧嘩を仕掛ける。

 相変わらずなストーリープロットだが、監督が前二作のブライアン・シンガーから、ブレッド・ラトナーに交代したためか、脚本の密度は薄くなり、物語は薄くなった。
 しかし、純粋娯楽映画としては正常な進化と言えるだろう。
 最後には、超人戦闘物の娯楽定番、一対一の戦闘もある。

 物語の手間を、あえて読み取り、極限まで短くいうのであれば、「女性を怒らせてはいけない・・・決してっ!!!」。

 ブチ切れた女性に、男の取り合いに、あれにこれに・・・こ、怖いよぉぉぉぉぉ。

 なお、エンディングクレジット前の最後のワンカットはもちろんであるが、エンディングクレジット後に一発、強烈なのが入っているので最後まで席をたたないように。

戻る