貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
監督:ジャスティン・リン
出演:ルーカス・ブラック/バウ・ワウ/千葉真一
2006年/米/104分/菊池浩司/☆☆

批評 カメラと編集が違えば、もっと面白かっただろうに

 東京都内で大暴走する話。

 物語がどうしようもなく陳腐だとか、米海兵隊員がなんで渋谷のオンボロ一軒屋に住んでいるんだとか、家に銃を持って帰るのか海兵隊員はとか、東京の地図がどうも我々の知っている物と違うぞとか、時々、明らかに日本の道ではない (アスファルトが日本の道で使用されている  この映画において、それらの描写はまったく重要ではないからだ。

 問題は、肝心要のレースシーンの迫力の無さだ。

 レースシーンを担当したのは、“ドリフトキング”土屋圭一 (ちなみにライバルのあだ名は DK = Drift King。土屋は仲間のメカニックとしてカメオ出演) だというが、彼は残念ながら、レーサーであってもスタントマンではなかった。

 なによりも、見せ方が下手なのだ。

 たとえば最後の峠のレース。コース全体を見せておかないから、どこが勝負ポイントなのか分からない。
 また、ゴールまでの距離 (残り時間) を明白にすることで生まれる緊迫感も無い。

 ついでにカメラワークの下手さも気になる。
 重要なのは、車の動きそのものだ。ドライバーの表情やペダルを踏む足や、ハンドルを握る手をひょこひょこ写されても面白くない。
 やはり車全体の動きを、引きで撮ってこそのレースシーンだろう。

 物語がどうしようもない内容なのは、アンドリュー・ラウ/アラン・マック「頭文字D」も同じだが、あちらはカーレースシーンの編集とカメラが抜群に上手かった。
 こちらは、その面で二歩くらい遅れをとっている。

 予算的には比較にならんくらいかかっている映画なのに、もったいない。

戻る