貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

V フォー・ヴェンデッタ
監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィーヴィング/スティーヴン・レイ
2005年/英・独/132分/雨宮健/☆☆☆

批評 要、予備知識

 娯楽映画を偽装した政治批判映画。
 「マトリックス」のスタッフ再結集という宣伝を売っているが、「マトリックス」を期待すると、かなりの痛手を負うこと間違い無しの一本に仕上がっている。

 米国の引き起こした第三次世界大戦により、世界は混乱。
 自滅した米国は英国の植民地となり、英国は英国で、超保守派による圧政が行われていた。
 そんな中、「V」と名乗る仮面をつけた男が、英国政府にテロによる戦いを挑む。

 冒頭から、チャイコフスキー「荘厳序曲1812年」(オーケストラ編成指示に「大砲」という空前の指示がある事で知られる曲。深読みしすぎかもしれないが、1812年には英国支配からの離脱を求めた米英戦争があった。この映画の状態を考えると、非情に皮肉の効いた選曲である

 分かるやつだけついてこい。
 分からんヤツのことなど知らん。

 そういう映画だ。

 なにせ、台詞には「マクベス」だの「十二夜」だの「巌窟王」だのの引用が非常に多く、その内容にかぶせた物語展開も非常に多い。

 さらに、英国では大犯罪者 (正確には、場所によっては反逆者、場所によっては英雄) として知られているというガイ・フォークスの知識がある程度以上必要のようで、一部引用の意味がわからないという事態に陥った。

 そう、残念ながら、何箇所もネタの分からん場所のあった私は、「分からんヤツ」に分類されているとしか思えん。

 もしかすると人によっては、ものすごく面白いのかもしれない。
 私にすれば、物語は分からん場所が多々あるが、「荘厳序曲1812年」にのせて吹き飛ぶウェストミンスター宮殿 (ビッグ・ベンで知られる建物。ちなみに「ビッグ・ベン」は時計塔の名前であって建物全体の名前ではない) が吹っ飛ぶ映像は大興奮!
 という一本であった。

戻る