貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ウルトラヴァイオレット
監督:カート・ウイマー
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・シンランド
2006年/米/87分/松浦美奈/☆

批評 ダメダメ

 ウィルス感染により、通常の人間以上の能力を持った新人類「ファージ」。
 その能力の高さ故、通常の人類は彼らを恐れ、ファージ殲滅に乗り出す。

 人類の開発した、ファージ殲滅兵器。それは、一人の少年だった...

 ベースプロットは、ファージの少年と、彼を救ってしまうファージ女性、ヴァイオレットの逃亡劇。
 この部分は、ジョン・カサヴァテス「グロリア」と同じ。
 違うのは、グロリアが娼婦だったのに対して、ヴァイオレットは戦闘のプロフェッショナルだという事。
 頭と度胸で突破するグロリアに比べると、腕力ですべてをなぎ払うヴァイオレットは、かなり頭が悪くみえる上、さして怖くも緊張感も無い。
 ・・・スリラー風傑作映画と、アクション映画を比較するのが間違いかね。

 ベーシックプロットを抜きにしても、敵味方の構成が、同監督の前作「リベリオン」から進歩していないのは減点だ。
 挙句にオチまで変わっていない。
 こうなればアクションシーンは!?と、思わせておいて、そのアクションシーンも前作から多分に退化している。

 まず、謎のミライテキアイテムが増えたこと。
 おかげで体の動きを見せる必要が無くなった。

 次に、むやみにカット割を細かくしたこと。
 おかげで体の動きが見えなくなった。

 最後に、やたらとアップショットが増えたこと。
 おかげで体の動きが見えなくなった。

 「リベリオン」の格闘シーンが面白かったのは、クリスチャン・ベイルの体の動きを見せたからだ。動き始めてからとまるまでを、しっかり見せたからだ。
 本作主役のミラ・ジョヴォビッチは、体の動きはさしてよくない。だがが、カット割りで誤魔化せる程度には動ける。これは「バイオ・ハザード」で証明されている。
 にもかかわらずこの惨状。

 画も物語も駄目というのでは、どこにも救いが無いぞ。

戻る