貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

THE 有頂天ホテル
監督:三谷幸喜
出演:役所広司/松たか子/佐藤浩市
2005年/日/136分/☆☆☆☆

批評 ホテル物としては致命的な欠陥がある

 年越しのカウントダウンパーティーに向けて大忙しのホテル。
 宿泊客も従業員も、あっちにこっちに大忙しっ!!

 主人公不在のグランドホテル形式の映画。
 三谷幸喜が、その元祖であるエドマンド・グールディング「グランドホテル」を念頭に入れていたのは、クラシック映画ファンならかなり早い段階でニヤリと分からせられ、あとで説明されてちょっと興ざめ。
 もっとも、一般客に分かってもらうためには仕方ないのだろうが。

 肝心の内容だが、残念ながら「グランドホテル」ほど良い映画には仕上がっていない。
 特に、もっとも致命的な問題は、こんなホテルには泊まりたくないと観客に思わせてしまう部分だろう。

 スイートルームでさえ、隣の部屋の音が駄々漏れ。
 客室係は客の装飾品を勝手にいじりコートまで着る。
 老舗というわりに、マスコミ対応も満足に出来ていないホテルスタッフはもちろんだが、仕事をサボりつづけているとしか思えない現場スタッフが複数いるようなホテルなのだ。

 少なくとも私は、こんなホテルには泊まりたくない。

 瞬間的に笑える状況は連続しているので、面白いう事は面白い。けど、上記の理由で「大爆笑のまま突っ切る」映画にはなっていないように思う。

戻る