貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

寝ずの番
監督:マキノ雅彦
出演:中井貴一/木村佳乃/木下ほうか
2006年/日/110分/☆☆☆

批評 脚本なのか演出なのか編集なのかは微妙だが、途中で息切れしたな

 通夜が終わり、寝ずの番をする事となった人たちの話なんだが、噺家の悪乗りが暴走。シモネタ満載の馬鹿話が続くという内容。

 問題は、三件の寝ずの番 (つまりは合計三名死ぬ) の話の作りが、どれも同じ展開なので、途中で飽きるという点にある。
 実際には、エロネタからゲリネタに移行する一件目。
 ツキモノの話からエロネタに移行する二件目。
 シリアスからシモネタに移行する三件目と、それなりにバリエーションを持たせてはいるのだが、流れのパターンがどれも一緒。

 最初の一件目はゲラゲラ笑えるが、二件目以降は、流れが見えてしまって飽きる。

 最初はシリアスで入り、途中から葬式が続く状況にキレた噺家が暴走して、どんどんくだらなくなってゆくという流れにするか、同じ流れでも演出や編集でもっと流れの速度を変えてやるとか、おなじネタでももっと面白くする方法があったと思う。

戻る