貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

マイアミ・バイス
監督:マイケル・マン
出演:コリン・ファレル/ジェイミー・フォックス/コン・リー
2006年/米/132分//☆☆☆

批評 制作者の迷いが見える

 20年ほど前の、TV ドラマをオリジナルとする、マイアミ警察潜入捜査官の物語。

 オリジナルのファンに向けて作った?オリジナルを知らない人間に向けて作った?どっちにせよ中途半端な仕上がりだ。

 まずオリジナルを知っている人間としては、この中途半端な終わり方もまたたまらない面白さだが、それ故に映画単体としてみると中途半端。

 FBI 内部に、マフィアとの内通者がいるというエピソードは解決しないし、麻薬密売者の“上”はのうのうと逃げ延びている。
 当面の事件は解決したが、それはまったく本質的な解決になっていない。
 この乾いた結末と、中途半端すぎる絞めは、オリジナルを踏襲したものだが、映画単体としては、伏線回収に失敗した映画にしか見えない。

 この視点で見ると、まるでオリジナルファンに向けて作られた作品のように思える。
 しかし、オリジナルファンの視点からすると、やっぱりおかしなところがある。

 登場人物の名前は、TV のオリジナルシリーズから引き継いでいるが、実質、引き継いでいるのは名前のみ。
 特に、主役の一人であるソニーは、その二枚目っぷりをどこかに打ち捨て、ワイルド系に変更。
 さらに、マイアミの明るい昼間と、その暗部を露にする夜の描写。このコントラストがたまらなかったのだが、映画ではマイアミは、夜の姿しか見せない。

 映画単体としてみれば、これらはさしたる問題ではない。
 明暗のコントラストを見せないのも、オリジナルを知らなければ、硬質な潜入捜査官物として十分な仕上がりだからだ。
 だがしかし、オリジナルを知るものとしては役不足な部分だと言える。

 あれから何年たった?
 いまさら「マイアミ・バイス」か?
 オリジナルのファン以外にもアピールしないと。
 けどオリジナルのファンを無視するわけには。

 あーもーどーすんだ!!!

 という製作側の迷いが、画の向こうに透けて見える仕上がりであったと言えよう。

戻る