貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

Mr.&Mrs. スミス
監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ヴォーン
2005年/米/118分/松浦美奈/☆☆☆☆

批評 馬鹿万歳

 倦怠期に突入した夫婦は、実は敵対する組織の (凄腕の) 殺し屋同士だった。
 お互い、ある“仕事”がきっかけでそれを知ってしまったからさぁ大変。
 血みどろの夫婦喧嘩、勃発!?

 という内容。
 ダニー・デヴィート「ローズ家の戦争」を思い浮かべてもらえると分かりやすいだろうか。
 もっとも、殺し屋同士の戦いということで、家の内外を問わずに銃撃戦やカーチェイス、挙句に建物の爆破までかます強烈な喧嘩をするが、再生に向けた物語 (「ローズ家」は破滅に向かう物語) という事で、かなり違う印象を受ける映画でもある。

 物語そのものは、「派手な夫婦喧嘩」に終始しすぎて、背景の組織抗争はどうなった!?それが片付かないと、本質的な解決にならないんじゃないの!?という、決定的とも言える問題がある。
 これを、「雨降って、地固まる」とりあえず二人がまとまればいいんじゃん。
 と、脳天気に認められる人でなければ、物凄くつまらない映画になってしまうだろう。

 勢い、満点。
 思想、特に無し。
 映像、ひたすら派手なだけ。

 さすがハリウッド馬鹿アクション映画。ツボを抑えた馬鹿っぽさと、どうしようもない緩さが、気持ちいい映画であった。

戻る