貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

地下鉄に乗って
監督:篠原哲雄
出演:堤真一/岡本綾/常盤貴子
2006年/日/121分/☆☆☆

批評 報われない努力の炸裂した映画

* 重大なネタばれに繋がる部分があるので、映画を見るつもりの方は、読むのをやめておいた方が良いかもしれん。


 地下鉄の駅から地上に出ると、そこは過去だった。
 自分の知らない親の姿を、今、見ることとなる・・・

 父親との諍いが、過去を見ることで解消されて行くという話は、過去を"実際に見ている"という特殊性はともかく、比較的多く作られているテーマだ。
 家庭を顧みていないように思えた父親と、「家庭は捨てていない」といいつつ不倫している自分の姿の二重投影など、この、"実際に見ている"部分以外に、あまり意外性は無い。

 ところが、この最大の特徴部分に違和感がある。
 まずタイムスリップ (と、言ってよかろう) する二人、堤真一 (1964年生まれ) も、岡本綾 (1982年生まれ) も、戦中世代の親を持つような年齢には思えん。
 地下鉄に乗る前が「平成の世」(台詞もそうだし、地下鉄には東京メトロのロゴもある) なので、ちょっと前を元にしている、という逃げ口上も使えない。

 また、タイムスリップの結果、この二人の意外な関係 (あまりにも露骨に伏線を張ってしまったが故に、かなり早い段階で気がつく人が多そうだが) が明らかになったところも、堤真一と岡本綾が、なぜかあまり驚いていない。

 いやこれ、物凄く衝撃的な事実だと思うのだが。
 少なくとも、背徳が明らかになる瞬間のはずなのに、ちょっと驚いているだけ。
 これは完全に演出のミスだよな。少なくとも堤真一は、それまで気がついていないのだから。

 ファンタジー映画なので、SF なら致命的な問題になりうる"親殺しのパラドックス"に目をつぶるとしても (他にも、けっこうある)、この演出的ミスと、時代設計ミスはいただけない。

 がんばっているのは分かるんだけどね。
 空回り気味だと思う。これでは。

戻る