貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

犬神家の一族
監督:市川崑
出演:石坂浩二/松嶋菜々子/尾上菊之助[5代目]
2006年/日/135分/☆☆☆☆

批評 出来は良いが、狙いの見は見えない映画

 あまりにも有名な、金田一小説の金字塔。

 編集や脚本を、ちょっとだけ変えてあるものの、過去の作品を新しいキャストで、昔と同じように撮影した映画。

 はっきり言って、過去の映画を見ている人が、この映画を見る必要はほとんど無い。
 なぜならば、間違い探しかと思うくらい、過去の作品と酷似しているからだ。

 確かに、過去の映画など見ない最近の観客に見せるためには、新作で公開するのは効果的でもある。
 だが、過去の作品を見たければ、過去の作品を、デジタルリマスタリングしてそのまま上映すればよいのでは?という疑問にも繋がる。

 ウィリアム・フリードンキン「エクソシスト」のデジタルリマスタリング版が、劇場公開され、ヒットを記録したのは、記憶に新しい。(もう6年も前なんだがな)

 面白い映画ではある。
 出来も悪くない。
 しかし、セルフリメイク作品である事を考えた場合、この映画がなにを狙ったのかはよく分からない。
 商業映画であることを考えた場合、どういう客層を狙ったのかは、それ以上に分からない。

戻る