貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

DEATH NOTE デスノート the Last name
監督:金子修介
出演:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香
2006年/日/140分/☆☆☆

批評 着地失敗っ!

 前作に引き続き、顔を認識し、その本名をノートに書くと死ぬノートを手にした天才 月 <ライト> と、彼を追う天才 L の攻防戦。

 前作に引き続き、いくつかの欠点を背負っている。

 一つは、暴走する月を、暴走状態として描けなかったこと。
 前半では、犯罪のない理想社会実現のために犯罪者抹殺を続けていたが、本作では目的を喪失し、L への目くらましのために暗殺を遂行する。
 さらに、警察官を殺した第二のデスノート使いに正義について説教する。自分が同じ事をやっているというのに。

 もう一つは、前半の山場。
 第二のデスノート使いが登場する TV 局のシーンの作りがやたらとチープ。
 いやもう、これどういう事よ。
 思わず冷笑してしまったぞ。

 そして、これはある意味最大の欠点。
 最期の最期に、月 の知能指数が一気に下がる。
 監視カメラの在処も記録ヶ所も分かっていない状況下で、なんでこうも好き勝手にやるんだ!?死亡確認もしないのか!?等々。

 前半の面白さに対すると、後半はつじつま合わせに苦労して、しかも上手くまとまっていないような印象を受ける。
 そこそこ面白い映画にはなっていると思うけどね。

戻る