貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ティルダ・スウィントン/ジェイムズ・マカボイ/ジム・ブロードベント
2005年/米/140分/松浦美奈/☆☆☆

批評 カメラだよカメラ!!編集だよ編集!!特撮だよ特撮!!

 使われていない部屋の、細長い洋服ダンスを越えると、そこは雪国だった。


 ご都合主義の展開や、「ロード・オブ・ザ・リング」の影響を受けまくったシーンの組み立ては、まぁ良い。
 許そう。
 影響を受けた映像がダメだというのならば、世界の映画の大半はカス映画になってしまうが故に。

 役者も、何人か「え?」と思わされたが、まぁ良い。
 主人公四人と、雪の女王のキャスティングにさえ成功していれば、この物語はどうにでもなる。そこは十分にクリアしているので許す。

 だが、カメラと編集と特殊効果はいただけない。

 ファーストショットの、ナチス独逸の倫敦空襲シーンが、あまりにやる気の感じられない仕上がりなのもどうかと思うが、全ての欠点を兼ね備えたのは、やはり最終決戦だろう。

 平原で大軍を対峙させるという燃える映像なのに、引き画が一瞬。
 平原を大軍が突進するシーンも、引き画が一瞬。
 大軍同士が激突する瞬間にいたっては、引き画が無い。

 迫力なんぞ微塵も無い。

 戦闘の組み立てもヘタ。
 弓も槍も剣も馬もあり、さらには台詞でそれらの部隊の展開も言っているのに、結局全部が突撃。

 まるで燃えない。
 弓を飛ばし、槍で突撃し、剣で斬り合うという手順を、段階を踏む事で盛り上がる物がない。
 チャン・イーモウ「英雄/HERO」のように、理路整然と並んだ軍隊が一気に動くあの不気味さ。あの美しさが無い。
 ピーター・ジャクソン「ロード・オブ・ザ・リング」のように、軍団が一気に攻めてくる恐ろしさが、迫力が、怖さが無い。

 挙げ句、大自然の中で撮影しているのに、背景に無駄な特殊効果を入れて、ロケーションの美しさを殺している。

 わざわざニュージランドで撮影する意味が無いではないか。

 同じ脚本、同じキャスティングで良い。
 カメラと編集を変えて全部撮影しなおしだ。そこからやり直そう。

戻る