貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

007 カジノ・ロワイヤル
監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン/マッツ・ミケルセン
2006年/米・英/144分/戸田奈津子/☆☆☆☆

批評 正当なる肉体活劇映画

 英国諜報機関、MI6 の殺しの称号、“00”となったジェームズ・ボンド。
 殺しの称号を手にした彼が、苦い失敗と苦闘の末に、はじけたスパイから非常な諜報員になってゆく様を描いた作品。

 荒唐無稽なアクション映画から、「ボーン・アイデンティティ」の影響下にあるような、肉体派スパイアクション映画に、早変わり。
 もっとも、「主人公がタキシード姿で美女を片腕に抱いて」っぷりは、いかにも「007」シリーズだ。
 もちろん、凝りに凝ったオープニングも健在だ。

 アクションシーンの組み立てのうまさといい、物語の重苦しさといい、主人公交代による、見事な「新生」007シリーズの幕開けとなったように思う。
 少なくともこの作りなら、次の作品も見に行こうと思える仕上がりであった。

 ところで、映画の目玉となるカジノシーン。
 映画のルールだとディーラーは場を提供しているだけでも儲けがないのだが、それで良いのか!?

戻る