貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

マイ・ボディーガード
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン/ダコタ・ファニング/クリストファー・ウォーケン
2004年/米/146分/石田泰子/☆☆☆

批評 説明不足だね

 特殊部隊の汚れ稼業で精神的に追い詰められた男クリーシが、犯罪都市メキシコに流れつく。
 そこで請け負った9歳の少女、ピタのボディーガードの仕事。彼はピタとのふれあいによって、絶望から立ち直って行く。
 新しい命をくれた彼女が誘拐された時、守れなかった自分への憤りと共に、彼は復讐鬼と化す。


 前半を、少女との交流に当て、後半は身の毛もよだつ凄まじい復讐劇を展開させる。

 欠点は大きく二つ。まずは主人公の説明不足。
 主人公の過去についての描写が、事実上絶無。特殊部隊で何があったのか。ヒロインに尋ねられた腕の傷はいったい何なのか。親友とはどういう関係なのか。こうした部分は、主人公の行動動機説明として重要であるにもかかわらず、一切出てこない。
 このおかげで、前半戦、傷ついているのは分かるがどの程度かが理解し難い。
 それ故に、後半の凄まじいとしかいいようのない復讐の正当性が理解しずらくなっている。
 全体の展開は面白いが、そういう細部を煮詰めなかったばかりに主人公の行動動機が見え難い = 正当な行動に見え難くなっているのは大減点だ。

 もう一つは映像的な欠点。無駄なテクニックを使いすぎている。
 場面転換でフラッシュカットを使うのは良い例。しかも使っている場所と使わない場所の区別がどこにあるのか不明。どうせなら犯罪者の潜伏場所に切り替わるとき全部で使った方が統一感が出るだろうに。
 その割にセコイ使い回し (これは確証ではないが、OP クレジットラストのメキシコシティの夕焼け空撮が、中盤で逆回しで再使用しているように思う。他にも、まんま使いまわしているシーンがチラホラ) があったりするのもよく分からない。
 金をかける場所が違うだろうに。

 決してつまらない映画ではないと思うが、足回りが弱くて全体を支えきれなかった映画になっていると思う。

戻る