貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

インファナル・アフェア2 無間序曲
監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック
出演:エディソン・チャン/ショーン・ユー/アンソニー・ウォン
2003年/中(香)/119分/鈴木真理子・松浦美奈/☆☆☆☆☆

批評 おそるべき緊張感、再び!

 前作「インファナル・アフェア 無間道」が、地獄の中でもがき苦しむ人間達のドラマだとすると、本作は過去に戻り、彼らが地獄に向かって突き進む物語だ。

 前作で、強いリーダーシップを発揮していたウォン警視は、正義のためには無茶も厭わない刑事。
 暴力的なマフィアのボスだったサムは、末端グループの元締め程度の地位にいる気のいいオッサン。
 善悪の狭間で善たろうと苦悩するヤンは、正義に燃える警察官としてマフィアに潜入。
 悪から善に向かったラウは、マフィアとして警察に潜入。

 そんな彼らが、いかにして打ち崩され、傷つき、地獄に向かって行くかを、基本的に前作と同じ画の作り方で物語る。

 ただ、本作では主役二人が鉄板スターから若手に切り替わっており、演技合戦という面ではかなりの劣勢を強いられている。
 と書く事になりそうだと、見る前は思っていたんだが、実際には脇役がものすごい勢いで物語を引っ張っており、前作と比較しても遜色の無い物を見せてくれる。
 あえて欠点を言うなら、それ故に主役がウォン警視とサムに見える事だろうか?

 物語として欠点を言うのであれば、この映画が俗に言う“エピソード1方式”。前の作品より時代的に前を描いているという点にある。

 いくつものシーンが前作につながっている面白さはあるし、明るいシーンであっても、未来を知っていると切なくなるシーンも多く、伏線の張り方は上手い。
 前作で、やや唐突だったり不満を感じた部分がかなり解消され、そうした面での満足度も高い。

 だが、それでも、未来を知っているが故に、命のやり取りの緊迫感がかなり薄められているという事に違いは無い。
 銃を向け合っていても、「この人、この先で生きてる」というのが分かってると、少なくともコイツは死なないというのが分かってしまうからだ。
 よく出来た、良い脚本だとは思う。だが、こればかりはいかんともしがたかった。

 それともう一つ。
 これは完全に脚本のミス。
 前作の冒頭で亡くなった警察官。彼のエピソードが存在してないのが、前作とのリンク上おかしい。

 全体の完成度はきわめて高い、素晴らしい脚本だ。
 真空管アンプの話や、登場人物のちょっとした癖 (右手で持った書類を足に叩きながら歩くシーンは必見) など、前作とのリンクも素晴らしい。
 それ故に、なぜこれを入れなかったのか疑問で仕方ない。

 もったいないぞっ!!

戻る