貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

キル・ビル Vol.1
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ウマ・サーマン/デヴィッド・キャラダイン/ルーシー・リュー
2003年/米/113分/石田泰子/評価不能

批評 タランティーノの、タランティーノによる、タランティーノのための映画

 組織を抜け、結婚式に望んだ“ザ・ブライド”は、しかしボスの襲撃を受け意識不明の重態となる。
 4年後、目を覚ました彼女は、襲撃犯への復讐の旅に出る...

 今回は Vol.1 ということで、復讐対象5人のうち2人を殺す話。

 ストーリープロットはもちろん、小技の使い方や東映ヤクザ & 時代劇のパクリっぷりも、意味の無いシーンも、意味が分からんシーンも、すべて含めてとにかくタランティーノの映画であると言えよう。

 私はタランティーノの映画は好きじゃないんだ。
 つまり、なんだ。
 ノレない私が見る映画じゃなかったって事だ。

戻る