貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

呪怨
監督:清水崇
出演:奥菜恵/伊東美咲/上原美佐
2002年/日/92分/☆☆☆

批評 すぐれた編集

 ビデオ版「呪怨」を見てから見ることを推奨する。見なくても分かるけど、見ていた方が分かりやすい。

 見るからに (ついでに言うなら効果音も) 露骨に怪しい家を軸に繰り広げられる恐怖映像集。
 正当な日本のホラー映画で、露骨に幽霊が出てきます。


 私のような人間は、斜め上から人を撮っていて、右肩の向こうに何もないのに、深度を深く取って床までピントが合っていると「はいそこ幽霊通るよ。はい来るよ、はい来るよ、はい来た!」みたいに見てしまい、どうにも、恐くない。
 むしろ、画の作り方、間の取り方の妙技 (これは本当に上手い) にニンマリしてしまう。

 ただ、現実に根差した設定を使っている割に、周辺をまったく描かないのはいただけない。
 引っ越してきた人間が、必ず失踪したり変死したりする怪しい家を、近所はどう思っているのだろうか?不動産屋は、なぜそんな物件を取り扱っているのだろうか?
 引っ越してきた家族が、失踪、あるいは変死しているということは家財は置きっぱなしだろう。それを外に出すのはどうやってるんだ?
 一瞬しか家に入っていない女子高生やヘルパーさえ呪い殺すのに、引越し業者は死んでないのか?
 連絡の付かないという台詞があるヘルパーもやはり死んでいるのか?

 謎は尽きない。


おまけ
 映画館のホールで心霊写真展などということをやっていた。何枚かしか見なかったが、笑った。
 ヒルムに光が入っただけのヤツとか、影で見えなくなってるヤツだとか。全然違う物が入っただけじゃねぇの!?というヤツだとか。
 心霊写真を探し出す人って、ロールシャッハでも人の顔ばかり見えるんじゃないのか!?

戻る