貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

デッドコースター
監督:デヴィッド・エリス
出演:A・J・クック/アリ・ラーター/マイケル・ランデス
2003年/米/90分//☆☆☆☆

批評 青春スプラッタ映画

 大事故を予知したから回避手段を打った。そしたら死神は追いかけてきた。

 基本プロットは前作「ファイナルデスティネーション」と同じ。
 だが、前作が日常に潜む偶然と偶然が連鎖して結果的に死ぬ、その方法が用いられるのは最初の一人だけ。後はひたすらに派手に過激に残酷に、ドカドカ死ぬ。
 結果、いつ死ぬか?という、前作にあった緊迫感は消滅し、そこから生まれたのはリアルな死に際を描いたスプラッタホラー。

 きわめて正当な続編の作り方であると言えよう。
 幸いなことに、前作で作られた死の法則と、今回追加された新法則、そして上手い画の作り方故に存分に楽しませてもらえる。

 なお、さりげなく明かされた法則と最後の画から、さらなるシリーズ展開を考えてそう。うん。監督を次々に変える「エイリアン」方の展開なら見たいかも。

戻る