貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

28日後...
監督:ダニー・ボイル
出演:キリアン・マーフィ/ナオミ・ハリス/ミーガン・バーンズ
2002年/英/114分/松浦美奈/☆☆☆☆

批評 惜しい!

 感染すると、わずか数秒で発症。精神を破壊され、暴力衝動にかられ、食人行動に走るウィルスにより、世界は壊滅した。
 物語は、意識不明の重態であったが故に生き延び、壊滅後に目を覚ました主人公の視点で画かれる、異色の人類滅亡映画。
 とは言え、人がいないロンドンの市街地で、「Hello!!」と呼びかけ続ける主人公や、後半に出てくる生き残った兵士達の行動から、人間の善悪に関する映画を撮りたかったんだろう。実際それはかなりのレベルで思考している。

 最初に、主人公が病室で目覚め、人気のないロンドン市内を歩き回る事で、世界の壊滅が画かれるが、その描写は秀逸。
 予算不足ゆえか、若干、CG や合成が浮いてる部分はあるが、朽ちた車や、死体の山。
 その合間を縫って襲ってくる高速で走り回るゾンビの集団など、まさに「終末」な光景を見せられる。


 残念なのは後半。主人公の自主的行動により、劇中で画かれる世界がどんどん狭くなって行ってしまこと。
 それと、リアリズムに重きを置いた描写の割に、登場人物が時々「テーマのため」に愚かとしか表現できない行動に出るのが、周囲から浮き上がってしまっている事の二つだ。
 前者は、物語の構造上ある程度仕方ないのかもしれないが、後者に関しては、もっと自然に処理する方法は無かったのだろうか?と思う。

戻る