貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ザ・プロフェッショナル
監督:デヴィッド・マメット
出演:ジーン・ハックマン/ダニー・デヴィート/デルロイ・リンドー
2001年/米/関美冬/107分/☆☆☆☆

批評 堅実、だから面白い

 結末が見えている故に“一歩先が見えない緊張感”は欠けているし、スタンダードな、それでいてよく練り込まれた脚本に、派手さはないが堅実な演出は映画の雰囲気に、ちょっと前に作られたかのような古さを感じさせることとなった。

 意外性はないが堅実に作られた映画を楽しむための要素はどうだろうか?
 抜群の演技力を持つ役者は、十分にこの要素を見たしている。
 特にジーン・ハックマンとダニー・デヴィードの演技合戦は面白い。

 画の作りも、冒頭の掴みが良かった。
 アクションシーンから入るのだが、これが最近の MTV 上がりの勘違い監督による“スタイリッシュ”なアクションシーンに比べて面白いのなんの。
 若干古臭いのはたしかだが、最近では少ない“きちんと撮ったアクションシーン”の面白さを再確認することが出来る。
 冒頭でこれならば、と安心して見ることが出来るというものだ。

 スタンダードながらも、その中で十分に練られた脚本はコンゲーム (= 騙し合い) を楽しむには十分。

戻る