貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

弟切草
監督:下山天
出演:奥菜恵/斉藤陽一郎
2001年/日本/85分/☆

批評 冗長

 もうメチャクチャ。すべてが。
 キャストの手持ちデジタルキャメラで撮影したシーンが続く冒頭は、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の惨めな模範以外のなにものでもない。
 そもそも、デジカメで撮影するというのは安上がりかもしれぬが画質は悪くなる。
 物語もなんだか行き当たりばったり。何の脈絡も無いシーンが多く、見ていて非常に冗長だ。話題になっていたシャワーシーンも、一生懸命「サイコ」を真似しているが、そのシーンの存在意味がまるっきり無いと言うどうしようもなさ。
 とてもとても退屈な映画であった。

戻る