貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ザ・セル
監督:ターセム
出演:ジェニファー・ロペス/ヴィンス・ヴォーン/ヴィンセント・ドノフリオ
2000年/米国/109分/☆☆☆☆

批評 極彩色の悪夢

 犯人は、誘拐した女性を40時間監禁し、時限装置を使って水死させる。
 最後に誘拐された女性は、まだ生きているが時間の問題。彼女の場所を知る犯人は逮捕されたものの、脳障害により永久に目を覚ます事はない。
 犯人の精神世界に入り込み、彼の言葉を聞き、彼女の居場所を探し出す。というのが全体のプロット。

 犯人の精神世界というのが、その性質上象徴描写の嵐。これが狂気に満ちた美しい世界。極彩色に満ち溢れた狂気の世界。
 こういうのは映画の得意技。文字では表現できない表現。
 ビジュアル的にラスト、主人公の精神世界に犯人を招き入れるシーンの象徴描写などは、見ていておどろいた。
 後光までさす主人公は、聖母マリアの格好をしている。にも関わらず色が黒ではない。こうした描写の巧さね。
 監督は、CM 出らしいからその経験なんだろうけど、一瞬のインパクトというのが非常に強い。

 けど、物語がそれに追従できていない部分がある。
 一番大きいのは、物語の中での時間的な制約が大きい割にそれが生かされていない。“後何時間”みたいな台詞が結構出てきているだけに、それは残念。

戻る