貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

シックス・デイ
監督:ロジャー・スポティウッド
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/トニー・ゴールドウィン
2000年/米国/124分/菊地浩二/☆☆

批評 アクションシーンだけでも撮りなおせ

 クローニングテクノロジが発達した近未来。人類は、6d 法により人間のクローニングを禁止した。
 ある日自宅に帰ると、自分と同じ顔をした人間が自宅に、いた。6d 法が破られた時、まったく同じ人間が、世界に二人存在する。

 クローンを創造してしまう科学者の苦悩。クローンを創造させている企業家の歪んだ倫理観。数回に渡りクローニングされている殺し屋の生命軽視。クローン人間自らが苦悩する己のアイデンティティー。
 そうした、これでもか!というほどに豊かなアイディアが詰め込まれている物語は、“技術が悪”なのではなく、“技術を使うものが、技術を悪にする”ということをきちんと描くことに成功した。
 んが、しかし3流 SF 映画的アクションシーンがそれらすべてを破壊した。

 そう、この映画最大の欠点はまさにアクションシーンにある。あまりにも長く、そしてバカバカしいのだ。
 それから見れば、多すぎる説明台詞など瑣末的菜問題に過ぎない。

戻る