貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

シュリ
監督:カン・ジュギュ
出演:ハン・ソッキュ/キム・ユンジン/チェ・ミンシク/ソン・ガンボ
1999年/韓国/124分/根本理恵/☆☆☆☆☆

批評

 一番すさまじいと思ったのは、単純に善・悪の問題として物語を構築しなかったことだとおもう。
 アメリカ映画ではよく見られるが、アメリカ対某国みたいな設定だと、往々にしてアメリカ=正義、某国=悪という図式で作られることがほとんどであることを考えると、これがいかに難しいことか分かるという物だ。
 さらに、さすがというべきか。国民に兵役が課せられてるだけあって、桁違いの迫力を持ったアクションシーン!!
 高速道路上(?)で壊滅したCTX輸送部隊に、ヘリからロープ一本でする降下シーンなどは、感動さえ覚えた。

 そういえば、どっかの批評家が偉そうに「(上に書いた高速のシーン)こういうシーンは、日本人のセンスでは撮れない。だから日本映画はダメなんだ」みたいなことを言っていたが、このシーンを思いついても道路公団なりなんなりが道を貸してくれないということを失念してる
 話がそれた。
 最後の、エピローグ的な部分がちょっと長い感じがしてだらけたが、これさえも、国民性、というより国家のおかれた状況を背景に考え、そのメッセージをくみ取ることができれば十分許せる範囲だろう。
 必見度高し!ただし、韓国の社会情勢を有る程度理解してからな。


戻る