貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ジュブナイル
監督:山崎貴
出演:香取慎吾/酒井美紀/鈴木杏
2000年/日本/100分/☆☆☆

批評 子供のおもちゃ箱 = 夢一杯だけど、整理はされてない

 ある日、少年が拾ったロボット。人生を変える出会い。

 ファミリー向けの少年ドラマ。物語は問題だらけ。
 だけどね、この物語追ってて思うんだけど、監督(原作兼)はきっとやりたいことがいっぱいあったんだと思う。
 「俺はこういう映画を、こういう画を作りたいんだ!!」っていう思い。どこでどう、なにが起こったのかは知らないけど、それを映像化するチャンスを手にしたんだと思うんだ。すごい嬉しかったんじゃないの?手の中にあったそういう思いを、あるだけ全部、プロットにぶち込  実際はどうなのか知らない。けど、そう思う。そう感じさせる。

 別に、それが悪いことだっっていうんじゃない。だけどね。何事も詰め込みすぎちゃいけないと思う。
 だって、どっからどう見てもまとまってないもの。中途半端な説明、速すぎて追っかけるのが大変な展開。
 いくらなんでもご都合主義に展開しすぎる物語etc.etc...

 だけど映像はスゴイ。CGが特にスゴイ。
 ビックリした。日本のCGも実写と組み合わせてこおまで出来るんだと思ったね。エフェクトやなんかをどうやったのかは知らないけど、よくやったと思う。
 だけど、それだけの映画。
 映像はすごいけど、肝心の物語がついてこなかった...

 だけどこの監督。きちんと、まとまった脚本を映像化させれば面白い画を作るかもね。

戻る