貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

どら平太
監督:市川菎
出演:役所広司/浅野ゆう子/宇崎竜童/片岡鶴太郎
2000年/日本/111分/☆☆☆☆

批評 市川美学

 役所広司と片岡鶴太郎のコミカルな演技に対して、宇崎竜童と菅原文太が全体をシメるという絶妙の配役。
 物語も、かなり「用心棒」を思い出させるが全体としては手堅くまとまって面白い。
 この辺は、四騎の会による脚本の完成度をあるんだろうと思うが。

 チャンバラシーンなんだが、役所ではやはり三船ほどのキレが無い。かなり三船の動きを意識しているんだが、やっぱりね、という感じ。
 そういや、相変わらず血を見せない市川チャンバラは健在だったね。

 ちなみに市川崑は「四十七人の刺客」で新しい試みにことごとく失敗したが、どうやらその失敗に気がついた模様。ムリに新しい技術を使うのではなく、手慣れた昔からの技術に戻ったが、そっちの方が時代劇にはあってて良いのではないだろうか。
 映像構成技術としては、映像対象を中央に配置し、セットも左右対称に近い形で構成する。
 そのため、非常に理路整然とした美しい形式美を見ることが出来るが、それであるが故にちと古い感じを受ける。まぁ時代劇ではそれが良い方に出るのだが、市川菎の現代劇(「天河伝説殺人事件」など)ではそれがマイナスに出る。今回の映画には関係ないことなんだがな。

戻る