貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

BLOOD THE LAST VAMPIRE
監督:北久保弘之
出演:工藤夕貴/中村佐恵美/JOE ROMERSA
2000年/日本/48分/☆☆☆

批評 消化不良作品

 まずこの映画は、映画単体で完成していない。ということを念頭に置かねばならない。
 なかなかのレベルで融合した 3D-CG と、2D-CG で凄まじいレベルの動画を見せられた。ビジュアル的な完成度はかなり高いといえる。
 演出的にも“見事”と言っていいだろう。吸血鬼ものの常として存在する恐怖感ではなく、スピード感を優先したであろう演出は、作品全体をの娯楽性を上げるのに貢献している。
 しかし、だからこそ残念なのは、映画の物語が消化不良ということだ。
 いや、消化不良などというレベルではない。なにがなにやらさっぱり分からないというのが現実だ。
 これは暗にゲームと小説を買えと言う命令なんだろうか?買う気はねぇけどな。

戻る